ナベツネがテレ朝に!

渡辺恒夫氏が報道ステーションに出演してました。
出るんですね、テレ朝にも。ちょっと驚き。

巨人についてカズシゲと語ってました。
新しい内容はほぼなし。
今年の巨人と、テレビ視聴率、球団経営についてなど。

巨人戦視聴率は4月5月と過去最低。
今年は巨人自体は調子もいいのだけど。。。

ナベツネは、「スターの不在」を要因に挙げていたけど、、、
正直言って、プロ野球というコンテンツで年間平均15%の視聴率を稼ぐのは不可能だと思われます。もう2度とこない、そんな時代。絶対に。

今の若者は昔以上に移り気だし、ネットやゲームとのアイボールの取り合い(視聴者の時間の取り合い)も10年前15年前と比べると明らかに激しくなっている。そもそも、余暇の時間が短くなっているのだから必然かと。

もうすでに始まっていますが、地上波→BS→CSといった連携で野球放送はカバーしていくしかないでしょう。欧州のサッカーにしても(地元でも)、ほとんどがペイTVの放送になっているし。
マスを対象にした広告モデルでは限界かと。

とはいっても、プロ野球は地元では安定的に二桁を取れるコンテンツではあると思うので、たとえば、(広告費の高い)G帯をはずして時間差放送(10時スタートとか)をすればいいのかな。


プロ野球の球団経営については、またまたの金儲け批判。
いやー、そうは言っても、大きくなったプロ野球球団を利益に関係なく持てる企業がこの世の中にいくつあることか。
上場企業の社長がそんなことをテレビで言ったら、明日はストップ安。

新聞社とか、市町村(広島みたいに)が球団もつしかないんじゃないの、そんなこといったら。


個人的には、
阪神が強ければ何でもいいんですけどね。
誰がオーナーになろうと、拝金主義だろうと、ネット企業だろうと、縦じまのユニフォームで、甲子園で、六甲おろしがあれば。それでいい。
[PR]
by noha777 | 2006-06-06 23:41 | メディア


<< 食べ歩き記録 村上ファンド考 その3 >>